はれのち 

このページの記事目次 (カテゴリー: ドラマ感想

  total 4 pages 次のページ → 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | Edit | HOME |

「素直になれなくて」第9話ドラマ感想 リンダ祭り!

   ↑  2010/06/17 (木)  カテゴリー: ドラマ感想
リンダ(玉山鉄二)祭りだった「素直になれなくて」第7話。


でも、リンダがナカジ(瑛太)に近づく前に、妹が
「見とってぇ。ハンバーガーでギトギトの唇でチュウするに!!」
と余計なことを言ってきたせいで、切ないシーンが台無しになりました。

ていうか、何でひとりで食べ始めるかなぁ。
色気より食い気??


大体留守番をかって出るナカジも不自然。
勝手知ったる家ならともかく、取り残されるのって嫌じゃない?誰か来てもいやだし、何かが無くなったりしてヌスット(盗人)呼ばわりされても怖いし。
私なら絶対についていくな。眠くても!



ちなみに「リンダホモゲイ)でナカジに惚れてる説」は2話の感想時点で触れてるのですが、設定見たときからそうじゃないか、と家族では話してました。母が「男3人、女2人で人数合わないよ。」と言うので、誰か一人半々の人がいるに違いない!という話になって。

ぴ~ちに手を出さないとかワタナベエリコ相手にたたないとか・・・(あ、これはそれ以前の問題か。)玉山鉄二が単なるイケメン役だったらそのまんま過ぎて面白くないジャン!とか、諸々あって、確実にゲイだと思ってたんですよ。


そしたら病院でED診断されてたので、「あれっ?ゲイじゃないの?」と疑問に思ってたのですが・・・


もし自分でゲイの自覚があるなら病院なんて行かないですよね。
ストレートだったのに、ナカジに一目ぼれして女性の体に興味を持てなくなった、とかそういうことなのかな。でも「性の指向性は基本的には生まれつきのもので生涯不変」って書いてあったんだけど・・・。


はっきりしないまま死なないで欲しかったです。
(↑勝手に死ぬと決め付けている。気が早い!)



そういえば母が「このまま死んだら、編集長(ワタナベエリコ)が自分のセクハラのせいで自殺したと思って苦しむよねぇ」と言ってました。

それは考えなかったけど、瑛太が「俺に惚れてまして。」なんて事情説明するわけないんだから当然そうなるよね・・・。


Great DJ
挿入歌、「LOVE PSYCHEDELICO(ラブサイケデリコ)とよく間違われるのですが、実は違うんです。」だって。ずっとラブサイケデリコだと思ってました!
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 素直になれなくて ドラマ感想 腐女子 

FC2スレッドテーマ : 素直になれなくて (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/blog-entry-48.html

2010/06/17 | Comment (1) | Trackback (2) | Edit | HOME |

ドラマ「怪物くん」最終回 今更キャスティングについて考えてみる(感想じゃない)

   ↑  2010/06/13 (日)  カテゴリー: ドラマ感想
嵐の大野くんが主役に抜擢され、ミスキャストじゃないかと騒がれた「実写版怪物くん」。


ジャニーズなんてごろごろジュニア世代抱えてるのに、よりによって30代の大野くんに振らなくてもいいですよね。怪物くんって確か主役の男の子(小学5年生)より小さくなかったでしたっけ??両さん(香取信吾)の轍を踏む気か?!

そう思いながら見てみたら、思った以上にしっくり来ていてビックリ。


顔も似てないしキャラも違うんだけど、耳のデカさに全く違和感がなく、チープなはずの衣装の着こなし感も素晴らしい。完全にキャラになりきっている!!
いっそ普段もこの耳で過ごせばいいのに。



一方ガッカリだったのはドラキュラ役だった八嶋智人。
ドラキュラと言えば古今東西、美男子と相場が決まってるのに!!ココにツンデレだけどいつも王子を見守ってます、みたいな長身色白美形キャラを投入してくれれば一部の女性ファンがもっと盛り上がったはずなのにな!!


ドラキュラ役、誰がよかったと思う?とアンケートをとったところ、満場一致で「ミッチー(及川光博)!!」という答えが返ってきました。
(内訳:妹・母、計2名。・・・・・・。)

私は要潤を推したんだけど却下されましたよ。
ま、まさかアゴが出てるから?!アゴが出てるのに歯(牙)も出てるなんておかしいってこと?!それともアゴが出てると血が吸いづらいとか?!(言ってない。)

でも吸いづらそうですね、確かに。



それからオオカミ男。
なんでダチョウ倶楽部の上島竜兵なんだろう!!ブタ感強すぎだよ!
怪物君、吸血鬼、フランケン、猪八戒、って一人別のキャラになっちゃってるし!!!

これもアンケートとってみたら妹から「小倉久寛」案が出たのですが、母から「いのししジャン!」と却下されていました。この間といい、小倉さんいつもかわいそう。



そんなわけでもう最終回も終わったけどオリジナルメンバーによる怪物くんのキャスティングを紹介してみます。



怪物くん(大野智)
怪物くん(大野智)
ごめん、30過ぎてなかった。
でもこの人あんまり年齢とか気にしてなさそうだから別にいいよね。


及川光博
ドラキュラ(及川光博)
常に血を吸い終わった後のような口をしている。


寺島進
オオカミ男(寺島進)
個人的に推薦!でも他にも適役いそう。
眼光鋭いおじさまをご存知の方教えてください。


フランケン(チェ・ホンマン)
フランケン(チェ・ホンマン)


フランケンは文句ナシです・・・。他に適役がおりませんでした。
フンガー!


この記事に含まれるタグ : ドラマ感想 怪物くん  

FC2スレッドテーマ : 怪物くん (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/blog-entry-46.html

2010/06/13 | Comment (2) | Trackback (12) | Edit | HOME |

「刑事・鳴沢了」ドラマ感想 エンディングが変!

   ↑  2010/06/03 (木)  カテゴリー: ドラマ感想
土曜プレミアム「刑事・鳴沢了 ~東京テロ、史上最悪の24時間~」
矢田亜希子の復帰作だとかでインタビュー企画やったり、CMバンバン流してたのでテレ朝の自信作なのか?!と期待して見てみた「刑事・鳴沢了」


・・・近年まれに見る駄作だった。ガッカリです。



(以下ネタバレ)
爆弾が爆発したのに坂口憲二がほぼ無傷なのは「キウィのおかげ」ということでむりやり納得するとしても、タイムリミットが残り30秒に迫った爆弾を処理する方法が、手に持った状態で一般市民の間を駆け抜ける、ってのはちょっと・・・。

たまたま人が少なかったおかげで映画館の外に出られ、たまたま目の前にあったゴミ箱に投げ入れて難を逃れたんだけど、出入り口がごった返してたら全員巻き添えでOUTですよ!!


犯人を追うときも、一般市民の車を止めて乗ってた人を引き摺り下ろして道路に投げ捨てるとか・・・やることが雑!!

ラストシーンも唐突にぶっつりと終わったんですよね。
犯人を逮捕、してないんですよ。



鳴沢、犯人を撃つ。
犯人「なぜ心臓を撃たなかった?!」

 - 完 -




えっ、何これ?!これで終わり?!(驚愕!)


パトカーが二人を取り囲み、手錠をかけるシーンを俯瞰気味に映しながら場面転換。犯人の言い訳、それでも犯罪は犯罪なんですッ、(主人公の説教タイム)そして次回(←シリーズ物にしたがってるとみた!)に期待を持たせるようなエピローグを差し挟みつつエンディング。

みたいな、感じにしないんですか?!
犯人の仲間のヤクザが鳴沢に銃口を向けていたはずなんだけど、その人がその後どうなったのかもわからないし・・・。


早送ったら次の番組に行ってしまったので諦めたけど、(録画して見てた。)DVDを切ってからも続きが始まってくれることを期待して、ずっとTV画面を見つめ続けていたよ。



他にも不満なところはあって、犯人は直属の上司石井(遠藤憲一)で、「尊敬していた先輩がまさか犯人?!」というお約束な展開だったんけど、尊敬してる、信頼しあってる、という人間関係がドラマ中で描けていない。

そうなんだ、とわかったのは、ゴリ(役名がわからない!)が「大好きな石井先輩」だとか「ホモなんじゃねーの?」とか一生懸命説明してくれてたからであって、セリフで関係を説明しちゃうのは野暮だし、ホモとか言うんならちゃんとホモらしいシーンを描いて欲しかったよ!!!(←鼻息荒く。)


そのゴリ(ガレッジセール)も立ち位置が謎だったんですよね。
演技が微妙でもお笑い要因なら構わないんだけど、怒ってばっかりだし、この間の「逃走中」でも悪口書いたけど、この人、演出過剰で浮いてるんですよ。

と母に言ったら、母もそう感じていたらしく小声で「ウン・・・。」と言ってくれたんだけど、(母はあんまり芸能人の悪口を言わない人格者だ。)


「でもお母さんだって我慢してるんだから!」とたしなめられました。


やっぱり我慢してるんじゃんか!と思ったら何か笑えた。



原作は堂場瞬一の「讐雨」で、ファンの間ではもっとけちょんけちょんにけなされてるんじゃないかとググってみたんだけど、意外と見つからず残念です。もっとミスキャストだとか、脚本家誰よ?!とか何なのあの結末!とか怒号に渦巻いてるかと思ったのに。分かち合いたかった。


4課の竹中直人とか、法務省に交渉に行く寺島進とか、面白くなりそうだったのにとんだ肩透かしだったな。
あ、キ○ガイ連続殺人犯の鈴木一真はよかったです。この人がフツウの人の役をやってるのって見たことないけど・・・。




石井(遠藤憲一)はキ印犯人に恋人を殺された過去があり、今回の殺人犯に復讐したがっていたヤクザに感情移入して手を貸したんだけど、別に直接手を下す必要はなかったと思う。

たった一度の制裁のために、(被害者家族のために貢献できる数少ない仕事である)刑事の職を失うなんて割に合わない。

罪を憎んで刑事の仕事にまい進するか、ダークサイドに落ちるにしても犯人を殺したいと願っている被害者家族に影で次々手を貸し続ける闇のボス、みたいな役だったら良かったのにな。(それだとキ印犯人が次々と娑婆に放出されてなきゃならないことになるけど・・・。)





讐雨―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
讐雨―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

I Might Be Wrong: Live Recordings
エンディング曲I Might Be Wrong: Live Recordings

この記事に含まれるタグ : ドラマ感想 

FC2スレッドテーマ : ドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/blog-entry-43.html

2010/06/03 | Comment (4) | Trackback (0) | Edit | HOME |

「素直になれなくて」第6話ドラマ感想 -ツイッターの出番!

   ↑  2010/05/30 (日)  カテゴリー: ドラマ感想
「素直になれなくて」6話。
(2週くらい遅れてる気がするけど書きたいのでこれだけ。)


前の週に、受け持ちクラスの生徒に襲われたハル(上野樹里)。
めげずに出勤し空元気で授業をやってるのに、教頭先生から(←おそらく。いやなことを言う役はたいてい教頭と相場が決まっている。)「君が学校に来ると生徒がいつまでもそのことを思い出して落ち着かないから・・・。」と遠まわしに辞めるように促される、というシーンがあったのですが、
(ハルは川原でたそがれていた。)


まったくもって納得がいかない。
学校側はもっと謝罪したり、口封じのために金を握らせたり、
むしろペコペコする側じゃないんだろうか。

何だあの尊大な態度!!!



ここでツイッターの出番ですよ!!

やけくそになって、スキャンダルや自分がされた仕打ちを世界中に発信するハル。
ようやくドラマのテーマであるツイッターが大活躍するときが来た!!


・・・そうなったらいいのに!と思いながらドラマを見守っていたのですが、
結局ハルがやったことは、と言えばナカジへの電話。


ツイッター使えよ。

(ここんところ全然ツイッターを活用できてない!)



でも世界中に発信しようとしたところで、
ハルのフォロワーは4人しかいないんですけどね・・・。




(このドラマはツッコミどころ満載なので、最終回までにあと3つくらいはくだらないこと言いたい!)

この記事に含まれるタグ : 素直になれなくて ドラマ感想 

FC2スレッドテーマ : 素直になれなくて (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/blog-entry-40.html

2010/05/30 | Comment (0) | Trackback (5) | Edit | HOME |

「ヤンキー君とメガネちゃん」第4話ドラマ感想 -メガネ君はヤンキー君!!

   ↑  2010/05/23 (日)  カテゴリー: ドラマ感想
1週遅れですが「ヤンキー君とメガネちゃん4話見ました。これは感想を書かずにはいられない。

私のお気に入りのメガネ君はなんと、元ヤンキー君であった!!
ケンカで1番をとっても勉強で1番をとっても心が満たされない・・・!と苦悩するメガネ君。



他にもいろいろ挑戦するものはあるだろうに、(スポーツとかさ。)なぜ勉強とヤンキーの2点チョイスなのか問いただしたいところです。
しかも順番的には優等生になるより先にヤンキー一番を目指したんですよね。ほ、本当に頭がいいんですか、メガネ君?!


「何のために生きているかわからない・・・!」と荒れるメガネ君に、メガネちゃんの説教タイムです。
「仲間といれば、きっと何かが見つかるはずです!」
さっき友達が一人もいないとカミングアウトしたばかりのメガネ君にひどい追い討ち。更に罵倒は続きます。

「本当は仲間が欲しいと思ってるくせに!」
「生徒会長になったとしても、どうせひとりぼっちだから何もできない!」
・・・ひとりぼっち、って言っちゃった!!


ショックを受けたメガネ君は生徒会長への立候補を断念。心を入れ替えたメガネ君は、今後は友達の多さで1番を目指すことに決めたようです。


そして最終回。(大胆予想。)
再び荒れるメガネ君。





「ツィッターのフォロー数でオバマ大統領を抜いて世界一になったのに、心が満たされない!!!」





ヤンキー君「馬鹿野郎ッ!!友達ってのはなァ!ついっ・・・、ついった~??とか!!そんなのの数じゃねェんだよ!!オレたち友達だろ!」
メガネ君「・・・ヤンキー・・・」(←呼び捨て)

メガネちゃん「私はオバマ大統領よりメガネ君が好きですっ!」
メガネ君「メガネさん・・・」(←さん付け)

ヤンキーちゃん「私のことも末席に加えてくれよな!」
メガネ君「ヤンキーさん!」(←さん付け)

メガネ君「オレもいるよ!メガネ君!」(←2話で出た)
メガネ君「メガネ君!!」

メガネ君「メガネ君!!!」(←5話で出た)
メガネ君「メガネ君!!!!」



・・・名前で呼べよ!!!





多分今回のサブタイトルは「メガネ君はヤンキー君?!」だったんじゃないかな?

第1話「ヤンキー君とメガネちゃん」もしくは「メガネちゃんはヤンキーちゃん」
第2話「メガネちゃんとメガネ君」
第3話「メガネちゃんとヤンキーちゃん」
第4話「メガネ君はヤンキー君」

みたいに徹底してこだわってたらステキなのに!!



ふざけた感想を書いてしまいましたが、「一周まわって好きの法則」でメガネ君(= 和泉岳 = 本郷奏多さん)には萌えたので、もっとちゃんと見てればよかったと後悔しています。
かっこいいよ~メガネ君!!!



ちゃんとしたあらすじ。(わかりやすく書かれていたのでリンクさせていただきました。)
ヤンキー君とメガネちゃん 4話: たくとのきまぐれ日記

この記事に含まれるタグ : ヤンキー君とメガネちゃん ドラマ感想 

FC2スレッドテーマ : ヤンキー君とメガネちゃん  (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://hare77777.blog58.fc2.com/blog-entry-34.html

2010/05/23 | Comment (0) | Trackback (11) | Edit | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。